国宝東塔大修理 特別写経勧進満願の御礼と
ご納経のお願い

 お写経による薬師寺白鳳伽藍復興にお力添えを賜り、誠に有り難うございます。平成21年より大修理を行っておりました国宝東塔は、令和3年2月に竣工を迎え、現在は周辺整備、東塔内陣の荘厳の計画をすすめております。
 これまでご結縁賜りました 国宝東塔大修理特別写経 は、まもなく10万組の勧進満願を迎えます。ご結縁に厚く御礼申し上げます。
 お手元にお写経をお持ちの場合は、ぜひご納経ください。国宝東塔大修理特別写経は、国宝東塔上層内陣と 釈尊成道の地インド・ブッダガヤの日本寺にご納経し、東塔とともに皆様の真心を未来へと伝えてまいります。ご納経を心よりお待ち申し上げております。また、お知り合いでご納経をお済ませでない方がおられましたら、お声がけをお願い致します。
 コロナ禍中、いまだ国宝東塔の落慶法要の予定はたちませんが、感染症終息の暁には、笑顔で皆様にご参拝いただけるように、一山を挙げて準備をすすめてまいります。
 今後とも、ご結縁を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年10月吉日

合 掌

 

イメージ
竣工した国宝東塔(令和4年1月16日まで特別開扉)

 

イメージ
国宝東塔上層内陣の納経棚