三千佛供養勧進について



■ 三千佛供養勧進のお願い ■

  インドや西域では、寺院の壁面に同じ大きさの仏像を配列した千体佛を祀る供養が行われています。日本でも神亀二年(七二五)大伯皇女が、薬師寺を発願された父天武天皇の菩提を弔うため、伊賀国名張郡に昌福寺を建立され千体佛を祀られました。この故事に倣い、東京別院本尊の薬師如来様(鎌倉時代)周囲壁面に過去・現在・未来とに分けて千体佛をお祀りする「三千佛供養勧進」を致しております。三千佛の裏面にはご供養頂く方のご祈願をお書き頂きます。ご先祖供養や報恩感謝 身体健全そして後生を願いそれぞれの仏様にお託し下さい。永代供養させて頂きます。  何卒皆様のご結縁を頂きますようにお願い申し上げます。


三千佛供養料 一体 十万円

 ご供養頂く三千佛は、銅造金箔仕上げ(葉書大)で、裏面に般若心経の一文字写経と、ご祈願ご芳名をお書き頂きお祀り致します。

※詳細に関しては、東京別院までお問い合せ下さい。
  お問い合わせはこちらからお願いします。

東京別院 電話:03-3443-1620



Copyright (C) 2005 YAKUSHIJI TOKYO. All Rights Reserved.